ボートレースって的中しやすい?!その5つの理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ボートは当てやすい。』そんな言葉を聞いた事は有りませんか?これは本当なのでしょうか。

疑い深い方は・・・『騙されてるんだよ』『そんなに当てやすいなら大儲けしている人がいるはずだけど聞いた事ない』と思われるでしょう。

大儲けをするには、それなりのスキルが無いと出来ませんが、的中させて楽しむ事は簡単にできます。知っている様で知らない、その理由とは。

スポンサーリンク

ボートレース(競艇)は6艇で戦う

ボートレース(競艇)は6艇で1周600mのコースを3周回って順位を決める競技です。ここで重要なのは出走数が6艇と言う事です。これは、公営競技の中で一番少ない出走数になります。

出走数が少ないと言う事は、掛け式当たりの総点数も少ないと言う事になります。

競馬18頭立ての場合と比較すると3連単は競馬4896通りに対しボートレース(競艇)120通り 2連単は競馬306通りに対しボートレース(競艇)30通りです。この点数の少なさが的中しやすいと言われる理由のです。

新人レーサーとトップレーサーが同じレースで戦う?!

国際A級の免許取り立ての選手ががF1のトップレーサーと勝負して勝てると思いますか?
誰に聞いても答えはNoだと思います。
勝負にならないので、実力差があるレーサーが同じレースには走れない様になっています。

しかし、ボートレース(競艇)では、デビューしてさほど時間がたっていない選手とボートレース界のトップレーサーが同じレースに出走する事があります。

他にも男女混合若手とベテランが同じレースで走る事もあります。

他の公営競技では見られない様な、実力差が有りすぎるレースが組まれるのも的中しやすいと言われる理由です

本番前に行われる展示航走とは・・・

ボートレース(競艇)では、本番前に展示航走と呼ばれる試走があります。この試走は舟券を投票する私達と出走するレーサーの両方に非常に重要な場となります。

舟券を投票する私達にとっては、本番前に各レーサーの調子を確認する事が出来ます。また、見慣れてくると本番でどの様な戦法で戦うかも見える場合があります。

出走するレーサーにとっては、展示航走終了後にモーターやプロペラなどモーターボートの調整は出来ない規則なっている為、本番前の最終確認の場となります。この事から本番を想定して走るレーサーもいます。

本番前に、かなり詳細な情報をつかむ事ができる展示航走がある事も的中しやすいと言われる理由です

圧倒的に有利なコースがある。

ボートレース(競艇)には、圧倒的に有利なコースが存在します。
よく言われる事なのでご存知の読者様も多いと思いますが、1コースが圧倒的に有利となります。
ここで、ご注意頂きたいのは、1号艇ではなく1コースに入る艇という事です。(この点は他の記事で詳細に説明します。)

その理由は、以下の2点です。

  • 1周目の最初のコーナーを一番最初に回れる可能性が一番高い。(物理的に有利)
  • 1周目の最初のコーナーで、他の艇を失速させる航法を使いやすい。

ボートレース(競艇)は水面で行なわれる為、後続艇は先頭艇が作る波(引き波)の影響をモロに受ける事になります。例えると、自動車で路面のヌカるんだ道を利用してレースをした場合、後方を走る車は前方の車が荒らした路面にハンドルを取られたり、泥しぶきで視界を一瞬奪われたりしますよね?

この事を水面で想像してもらえば、ご理解いただけると思います。ボートレース(競艇)は先頭を走る艇が非常に有利であり、先頭が決まる1周目の最初のコーナーに一番近い1コースの艇が圧倒的に有利とされています。

1着の舟番をある程度固定する事が出来る事も、的中しやすいといわれる理由です。

1日のレース数が驚くほど多い。

本当にレース数が多い!なにしろ1日100レース以上行なわれる日が多く少なくい日でも60~70レース程度は毎日行なわれます。

中央競馬は土日に各日4開催程度、競輪は毎日5~8開催、オートレースは毎日1~2開催。
ボートレースは毎日6~22開催と圧倒的に1日の開催数いのです。

競輪はミットナイトなどの深夜帯の開催では、1日10レースの事もありますので、どの開催も1日12レース行なうボートレースが圧倒的に1日のレース数が多いことになります。

人間心理として、1日に1レースも当らないと「当りにくい」と感じます。レース数が多く1日1レースも当らない事が少ないボートレースは「当りやすい」と考える傾向に有ります。この事もボートレースが的中しやすいと言われる理由です

これだけ的中しやすいのに儲けた話を聞かないのはなぜ?

ここまで、的中しやすい5つの理由を説明してきました。
これだけ的中しやすいボートレース(競艇)で、儲けた話を聞いた事が無い読者様は多いと思います。
それは、他の公営競技と比較して的中した時のオッズ(的中した時の払い戻し倍率)が低いからです。

例として競馬(18頭立)とボートレース(競艇)を1万人が1,000円づつ3連単に投票したと場合で比較してみましょう。
まずは、分かり易く人気による偏りがなく均等に購入された場合で説明します。

まずは総点数ですが、競馬は18頭での場合、3連単は4896通りになります。
ボートレースは6艇ですので、3連単は120通りとなります。

次に総投票額ですが、1万人が1,000円づつ買いますので1000万円になり、総投票数は10万票となります。
(競馬・ボートレース共に1票10円ですが、最低購入額の100円を1票として計算しています。)

総投票数10万票を、それぞれの総点数で割ると競馬は1点当り約20票 ボートレースは約833票になります。

次に投票総額を計算します。
1万人が1,000円づつですので総額は1000万円になります。
それぞれの控除率は競馬の3連単27.5% 競艇の3連単は25%となりますので、払い戻し総額は、競馬7,250,000円 ボートレース7,500,000円となります。

払い戻し総額を的中投票数で割ると1票あたりの払戻金は競馬 約362,500円 ボートレース 約9,003円となります。

倍率に直すと、競馬3625倍 ボートレース90倍と大きく開きが出てしまいます。

人気について考えてると、ボートレースの方が前記の5つの理由で特定の目に投票が集中し投票数が多くなります。数千万の売上があるレースでも本命で決まると3連単でも4~9倍の払い戻しとなる事も珍しくあります。

ボートレースで競馬と同じ要領で多点買いをしてしまうと、折角的中してもトリガミ(投票総額よりも払い戻し金額が低い)となってしまい、儲けるどころか損をします。

これが、的中しやすい割りに儲けた話を聞かない理由です。

ボートレースって的中しやすい?!その5つの理由のまとめ

的中しやすいことは、本当です。
ただし、儲かるか儲からないかで言うと、しっかりと予想が出来てレースや点数を絞って勝負をしないと儲からないでしょう。

そのためには、ボートレース(競艇)を理解し冷静な判断が出来ないといけません。

この事から、依存症の方は儲かりません。
理由は、的中した時の興奮を求めて投票しているからです。

儲けたい勝ちたいと考えるなら、ボートレースに依存してはいけません
自制心が必要です。特に以下を考慮して、ご自身のルールを決めて楽しまれる事をお勧めします。

  • 投票するレースを絞り、自分が取れる自信が無いレースには投票しない
  • レースに合わせて投票する点数を決める事
  • 1点当りの投票額は、オッズを見て計算してトリガミにならない様に配分する
  • 的中してもハズしても理由を考える

【ボートレース(競艇)って的中しやすい?!本当?ウソ?のまとめ】

  1. 1レースあたりの出走数が少なく絞りやすいので的中しやすい
  2. レベル差のあるレーサーが同じレースを走る事も有るので的中しやすい
  3. 本番前に全出走レーサーの調子を確認出来るので的中しやすい
  4. 圧倒的に有利なコースがあるので予想の軸を決めやすく的中しやすい
  5. 1日のレース数が多いので、心理的に楽なので的中しやすい
  6. 的中しやすいがオッズも低い場合が多い
  7. 儲けたければ自制心が重要。依存症はもってのほか。
  8. 自分のルールを作り、厳守する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました