競艇ニュース 7月7日(日)創刊

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめまして!艇人(ふなびと)と申します。

本日より不定期になるかもしれませんが、本日のレースの振り返りや翌日のピックアップレース、開催中の各場の状況などを私感を交えながら。。。っていうか殆ど私感で書いてお届けしたいと思います。

気に入って頂けるようでしたら、是非再訪ください。

では、創刊1発目の記事に参ります。まずは7月7日の主な結果から。

スポンサーリンク

7月7日の結果

以下が本日のレース結果になります。掲載は慎重を期しておりますが、必ず主催者発表の結果もご確認ください。

モーニングレース

ボートレース芦屋 2日目

3桁決着戦 1.2.3.4.7.10R 10倍以上決着 5.6.8.11R 万舟決着 9.12R

最低配当 1R 430円 最高配当 12R 30,700円

さすが日曜日の芦屋です。本命決着が50%でありながら、最終レースでまさかの1号艇が5着。前本選手のイン戦でしたから、人気が集中しいましたね。前田選手がスリットやや遅れ気味でしたので、4号艇にかぶされると思いましたが、伸び返してまくり切りました。出足が良く伸びも良いので3日目以降も注目ですね。

ボートレース唐津 最終日

3桁決着戦 1.2.4.10R 10倍以上決着 3.5.6.8.9.11.12R 万舟決着 7R

最低配当 2R 540円 最高配当 7R 23,750円

優勝戦は今井選手でした。モーニングレースの橋本選手ですので多少気になっていましたが、イン戦を落とす程とは思いませんでした。今井選手の作戦勝ちのレースでした。

デイレース

ボートレース多摩川  4日目

3桁決着戦 5.9.11R 10倍以上決着 1.2.3.6.7.8.10R 万舟決着 4.12R

最低配当 5R 510円 最高配当 4R 11,200円

圧倒的なレーサーがいないので、混戦模様の開催になっています。名前で買うなら服部・上平の量選手なのですが、イマイチ勝ち切れないレースが続いています。予選最終日でしたので日本一の静水面ですが、結果は荒れ模様のようです。

ボートレース津  2日目

3桁決着戦 6.12R 10倍以上決着 2.4.5.7.8.9.10.11R 万舟決着 3R 例外1R(フライング邸多数)

最低配当 6R 430円 最高配当 3R 12,930円

磯部選手が本日も2走して1.1と連勝を4に伸ばしました。 ルーキーシリーズですから、実力が2つも3つも上にいる磯部選手がピンラッシュとなるかが注目ですね。明日は7Rで6号艇と11Rで3号艇と2走しますので、6号艇からの前付けに行くかで勝気が見えますね。本日の2勝で準優1号艇はほぼ当確でしょうから。

ボートレース尼崎 モーターボート大賞G2 5日目(準優日)

3桁決着戦 2R 10倍以上決着 1.3.5.6.8.11.12R 万舟決着 4.7.10R 例外9R(フライング邸多数)

最低配当 2R 700円 最高配当 7R 32,730円

7Rは6号艇の西嶋選手の仕掛けに、F持ちの秋山選手がやられた格好になりました。深インでスタート遅れ、1マークまで伸び返して取り戻そうとしましたが難しく握って回ったんですが4号艇の中田選手に差しを決められました。西嶋選手はちゃっかり2着。ベテランの上手さを見た一戦でした。

ボートレース児島 4日目(準優日)

3桁決着戦 6R 10倍以上決着 1.3.4.5.7.9.10.11.12R 万舟決着 2.8R

最低配当 6R 490円 最高配当 8R 102,190円

出ました!10万舟!1号艇芦澤選手がやってくれました。深インからの逃げ失敗とは。。富山選手はさすがでした。還暦を過ぎてもAランクにいらっしゃる理由を見せ付けられたような一戦でした。芦澤選手は良い時と悪い時の差がレース毎に大きく出ますので、稀にこの様なポカがありますよね。

サマータイムレース

ボートレース平和島 キリンカップG3 5日目(準優日)

3桁決着戦 11R 10倍以上決着 1.4.6.7.8.9.10.12R 万舟決着 2.3.5R

最低配当 11R 840円 最高配当 5R 33,540円

コースレイアウトが難しい上に今日は風が8mも吹いている状況では、本線決着になるわけ無いですよね。ただ、篠崎・中島(孝)両選手が準優勝戦で1号艇から順当に勝って優勝戦に駒を進めたのはさすがです。このクラスになると風は関係ないのかね。。

ボートレース浜名湖 3日目

3桁決着戦 8.9R 10倍以上決着 1.2.3.4.5.6.7.10.11.12R 万舟決着 なし

最低配当 11R 540円 最高配当 10R 8,900円

荒れる場が多い中、万舟なし決着になりました。とは言うものの3桁決着が2レースでした。原・吉永選手が乗れてますね。今節はこの2名のいずれかが優勝でしょうか。あすの準優勝戦が楽しみですね。

ボートレース鳴門 最終日

3桁決着戦 1.7.8.10R 10倍以上決着 2.3.4.5.6.9.11.12R 万舟決着 なし

最低配当 1R 660円 最高配当 11R 5,050円

本日の開催の中で一番静かな場でした。天候もよく風も対した事が無い上、1号艇にAランクレーサーが多かったですからね。1着が1号艇じゃないレースも2レースありましたが、安達選手と山田(祐)選手じゃ買われますから配当はつきません。。。

ナイター

ボートレース下関 2日目

3桁決着戦 5.11R 10倍以上決着 1.2.3.4.6.7.8.9.12R 万舟決着 10R

最低配当 1R 550円 最高配当 11R 12,740円

ヴィーナスシリーズだけあって、順当に決まることが多いですね。節間の得点率を見ると、上位混戦といった感じですね。平高・水野・関野の3選手がボーダー付近にいるので、明日以降の走りに着たいといった感じです。

ボートレース桐生 5日目(準優日)

3桁決着戦 2.7.8.10R 10倍以上決着 2.3.4.5.6.9.11.12R 万舟決着 1R

最低配当 7R 550円 最高配当 1R 33,490円

オープニングレースからトリプル万舟です。7Rは最低配当でしたが、フライング艇が2艇出ています。実に不思議なのは、6Rの配当です。1点台のレーサーが6号艇から1着で1号艇には妹尾選手が入っていました。万舟ついてもおかしくないと思いますが、買われてましたね22番人気でした。

ボートレース蒲郡 最終日

3桁決着戦 1.9R 10倍以上決着 3.4.5.6.7.10.11.12R 万舟決着 2.8R

最低配当 1R 740円 最高配当 11R 53,520円

優勝戦の岩瀬選手は見事でした。川北選手が前付けしてスロー勢の伸びがイマイチのところまくりに行って、1号艇の森岡選手が1マークで突っ張るのを見越して減速して行かせた後、加速し差しての1着でした。今節出場のレーサーの中では上位クラスの腕ですので、何かあるとすれば岩瀬選手1着だと思っていました。

ボートレース丸亀 2日目

3桁決着戦 1.7R 10倍以上決着 2.3.4.5.6.8.10.11.12R 万舟決着 9R

最低配当 7R 550円 最高配当 9R 13,570円

準優有りのショート開催の2日目でした。丸野選手が準優勝戦は1号艇に入ってくると思っていたので少々意外でしたが、深川・重野両選手が1号艇はうなずけます。この3選手で優勝を争うような気がします。

明日初日の開催

ボートレース三国

明日から6日間開催で、マクール杯が始まります。今節は、軸になるレーサーが見当たりません。上位が混戦になるシリーズかもしれません。

A1ランクの一角で、平均して上位着にまとめる吉村選手が勝率5.7%というバットモーターを引いています。4月に入れ替えたばかりとは言うものの、この勝率のモーターを吉村選手がどう仕上げてくるかが今節の初日の鍵だと思われます。

初日の注目レーサーは・・・

  1. 鳥居塚選手
  2. 都築選手
  3. 石田(政)選手
  4. 齋藤(優)選手
  5. 星選手
  6. 吉村選手

※吉村選手は1走目の状況によります。

石田選手を除き一般戦で平均して上位着に食い込んでくる腕のあるレーサーです。石田選手は好調不調の波がありますが、地元の維持を見せてくれると思います。ドリーム戦1号艇ですし。

7月8日のピックアップレース

1レース目 ボートレース桐生 12R優勝戦

今節の竹田選手の成績は申し分なく、イン逃げ炸裂と思われる反面3号艇に居る金児選手が気にかかります。地元であり、2日目に3コースから勝っています。勝負所は心得ているので伏兵になりえると思います。

また、5.6号邸に丸尾・妹尾の両選手が入っていますので、何か仕掛けてくる香りがします。展示航走次第のレースですが、本命又は波乱の両極端の決着になるかもしれません。

2レース目 ボートレース平和島 12R優勝戦

1号艇中島選手、3号艇篠崎選手とやりあいやすい位置に巨頭2名が位置しています。2号艇の渡辺選手が2コースからのスタートが2走とも遅れているので、万が一凹む事があれば篠崎選手の仕掛けに中島選手が応戦した場合、1.3やりあいで4号艇の吉田選手に出番が回ってきます。

中島選手のスタート次第といったところかとも思いますが、面白いレースになりそうです。

3レース目 ボートレース津 7R

これまで負け無しの磯部選手が6号艇に乗ります。3号艇に西野選手が乗るので、それ以上の前付けは出来ない状況だと考えています。そうなると4コース進入となれば、壁の西野選手が今節のスタートが遅くないだけにスタートで前に出る事が難しくなります。

磯部選手の今節の試金石になると思います。このレースで1着ならピンラッシュのまま優勝もある得るかと。。。

編集後記

七夕の7月7日なので、縁起が良いと本日から発刊しましたが、開催数が多くちょっと失敗したかなと思っています。

今後は方向性を探りながら、もう少し記事の内容を濃くしていきたいと思います。また、無料・有料での予想配信も考えていますので、無料で勝った時には有料でのお付き合いいただけると幸甚です。

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
funabitoをフォローする
スポンサーリンク
競艇ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました