展開予想に必須!決まり手とコース入着難易度

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボートレースの予想は、1周1マークの展開がどうなるかを考える事といっても過言ではありません。

1コース艇が2.3コース艇をうまく捌いてサキマイを決めてさっさと逃げ体制に入るのか。
1コース艇のターンが外に流れてターンマークと1コース艇の間が大きく空き、2~6コース艇に絶好の差し場を提供するのか。
などなど。

この展開を予想する場で欠かせないのは、各コースからの決まり手と入着難易度です。

決まり手につは私の主観は全く入りませんが、コース入着難易度は主観が入りまくっていますので、参考程度にして頂けると助かります。

では、早速各コースの決まり手から見ていきましょう。

スポンサーリンク

コース別の決まり手

1コース艇

逃げと抜き、恵まれの3手の決まり手があります。

ではこの3手の展開を考えていきましょう。

まずは逃げですが、1コース艇が1着になる場合は、この展開が90%と考えて下さい。

展開としては、スタートを決めて1周1マークをどの艇よりも先に回ってバックストレッチに出た後、並びかけてくる艇に対して、コースを絞ったりアウトコースに出したりしてガードして1周2マークも先行してターン。そのまま一人旅になる状況です。

次に抜きですが、1周1マークで逃げに失敗したが何とか2着に残して先頭艇を追う展開になり、先頭艇のターンミスやコース取りのミスをついて追いつき抜き去っての1着となります。この展開は、モーターとレーサーの能力が高くないと難しいのであまり考えなくても良い展開になります。

最後に恵まれですが、スタートを完全に出遅れてたが、他数艇がフライングや転覆などで次々と失格になり1着になる展開です。これは予想できませんので、考えなくても良いと思います。

2コース艇

差しとまくり、抜きの3手があります。

まずは差しですが、先に1周1マークに進入した1コース艇がターンに失敗して外に流れた場合、ターンマークと1コース艇の間が大きく開く事になります。ここに加速を付けて突っ込み、バックストレッチ側でトップに立つ展開になります。
2コース艇が1着になる場合は、ほとんどこの展開です。

次にまくりですが、スタートで2コース艇が1コース艇に先行して1マークまでの間で半艇身以上前に出れた場合に、そのまま加速してターン時に外側から1コース艇を抜いてトップをとる方法です。まくりが決まると高い確率で1コース艇は引き波にのまれて4着以下に沈む事になります。

最後に抜きですが、1コース艇と同じになります。ほとんどありませんので、予想から外して問題ありません。

3コース艇

差しとまくり、まくり差し、抜きの4手があります。

差しは、2コース艇がまくりにいった場合にのみ発生します。2コース艇が1コース艇を包むようにまくりに行くと1マークブイと1コース艇の間に差し場ができるのでそこに艇を入れて2艇を抜きにいきます。

次にまくりは、スタートを決める又は2号艇が出遅れた状況で、半艇身以上1コース艇よりも選考して1マークターン時に1コース艇を外側から包むように追い抜きます。

次にまくり差しは、1マーク進入時はまくりにいきますが、1コース艇と2コース艇の間が開くようであれば、そこに艇を入れて1コース艇を差しにいき2コース艇をまくりにいき追い抜きます。

最後に抜きですが、1コース艇と同じになります。ほとんどありませんので、予想から外して問題ありません。

4コース艇

差しとまくり、まくり差し、抜きの4手があります。

差しは、1マークターン時に1~3コース艇が外に流れ気味になったり、1.2コース艇がヤリ合って3コース艇が巻き込まれて行き場をなくしたり、1.3コース艇がヤリ合って1マークブイと1コース艇の間に大きな差し場ができた時に、それぞれの差し場に艇を入れて前3艇を抜き去ります。

次にまくりは、スタート時に内側3艇よりも前に出て幅寄せをしていきます。このときに2.3コース艇までは抜けましたが、1コース艇に届かなかった場合、1マークで抜かれまいと小回りしてきた1コース艇の外側を包むようにてターンして抜き去ります。

次にまくり差しは、スタート時に内側3艇よりも前に出て幅寄せをしていきます。このときに2.3コース艇までは抜けましたが、1コース艇に届かなかった場合、1マークで抜かれまいと加速してターンが外に流れて空いた内側に艇を入れて抜き去ります。

最後に抜きですが、1コース艇と同じになります。ほとんどありませんので、予想から外して問題ありません。

5コース艇

まくりとまくり差しの2手があります。

まくりは、スタート時に内側4艇よりも前に出て幅寄せをしていきます。このときに2.3.4コース艇までは抜けましたが、1コース艇に届かなかった場合、1マークで抜かれまいと小回りしてきた1コース艇の外側を包むようにてターンして抜き去ります。

次にまくり差しは、スタート時に内側3艇よりも前に出て幅寄せをしていきます。このときに2.3.4コース艇までは抜けましたが、1コース艇に届かなかった場合、1マークで抜かれまいと加速してターンが外に流れた1コース艇の空いた内側に艇を入れて抜き去ります。

6コース艇

差しとまくり、まくり差しの3手があります。

差しは、1~5コース艇が1マークのターンに手間取っているところを、大外から1マークブイ至近をターンして全艇を抜き去ります。

次にまくりは、スタート時に内側4艇よりも前に出て幅寄せをしていきます。このときに2.3.4.5コース艇までは抜けましたが、1コース艇に届かなかった場合、1マークで抜かれまいと小回りしてきた1コース艇の外側を包むようにてターンして抜き去ります。

次にまくり差しは、スタート時に内側3艇よりも前に出て幅寄せをしていきます。このときに2.3.4.5コース艇までは抜けましたが、1コース艇に届かなかった場合、1マークで抜かれまいと加速してターンが外に流れた1コース艇の空いた内側に艇を入れて抜き去ります。

コース別入着難易度

各レース場のコースレイアウトや気象条件を抜きにして私の主観を入れてレースを見た場合に、3着までに入着が厳しそうなコースを難しい順に説明します。

6コース

ここは、1マークから一番遠くに位置しているので、3着までに入る事は非常に難しいといえるコースです。

レーサーの腕だけではどうにもならず、モーターの調整具合や他艇の状況に左右されるコースです。

一番難しいといえるでしょう。

5コース

1マークから2番目に遠国位置しているので、内側の4艇よりも難しいといえるコースです。

ただし、6コースと比べるとグンと入着確立はあがります。
その理由は、スタート直後の隊形が乱れた場合や4コース艇がスタートを決めてた艇より先行した場合、3コース艇が1マークでまくりを仕掛けた場合など、まくり差しにいって3着までに残せる展開が複数あるためです。

このコースは勝率が高いレーサーや記念級のレーサーが乗ると1着まであるコースです。
アウトコースとはいえ、予想から安易にはずせないコースになります。

3コース

何しろまくりがメインのコースになりますので、レーサーの腕とモーターの調整具合が肝になるコースです。

今回はコースレイアウトを抜きにしていますので、レイアウトによる物理的有利は抜きに話をします。
ボートレースを見ていると、ある程度お年を召したレーサーはターン時にまくりではなく、差しにいく傾向が強く、3コースからですとまくり差しの1手になります。

こうなるとターン時に2コース艇が1コース艇の内側をついて回った場合、3コース艇の差し場はなくなります。また、1マークで先行した1コース艇の少し後方を、まくり気味についていった場合、1マークのターンはふくらみ気味になりますので、内側を通る艇に力があれば先に行かれます。

実力上位やモーター調整がうまくいっているレーサーがこのコースに入った場合は、1着までありますが、実力下位でモーター調整がうまくいっていないレーサー、年配者が入った場合には要注意のコースになります。

4コース

ダッシュスタート勢の最内コースになりますので、レーサーの中ではインコースよりも走りやすいという方もいらっしゃるコースです。

攻め手も多彩で3着までに入着する可能性が著しく高いコースになります。

前記の3コース艇がターンでモタモタしたり、流れた場合には2.3着の最有力候補になりますので
予想からは外せないコースです。

スタートがよいレーサーの場合は、穴狙いで1着においても面白いコースです。

2コース

1マークに2番目に近いコースになり、1コース艇のターンが流れたりターン足が遅かった場合は、1着候補の最有力になるコースです。

1マークの基本的な攻め方は差しになりますので、年配のレーサーでもモーターの調子が良いかターンが上手ければ十分に1着が狙える上、1コース艇の引き波に乗るか2番差しの4コース艇に先を越されない限り、2着に残す確率も高いコースです。

予想の軸になりえるコースですので、1コース艇のレーサーとモーターの状況で判断するようにしてください。

1コース

ボートレースで、一番1着になる可能性が高いコースになります。

ただし、誰でも勝ちやすいコース化というとそういうわけではありません。
スタートを決めて、1マークで先にターンしつつ2.3コース艇の進路をきっちりガードすればという前提条件がつきます。

これが、言葉にすると簡単ですが実行すると難しいことで、一般グレードの開催でA1ランク6点台のレーサーが1コースから2着以下に沈むこともります。

このコースはスタートが命です。当節でスタート感がつかめていないレーサーや絶不調のレーサーが入ったときには高配当の可能性が出てきますので、あえて穴狙いにいくのも良いと思います。

展開予想に必須!決まり手とコース入着難易度のまとめ

いかがでしたでしょうか。

決まり手とは、そのコースに入った艇がどのように仕掛けてくるかということに他なりません。
各コースの仕掛け方さえ頭に入れておけば、展開予想もスムーズです。

また、完全に私の主観ですがコース別入着難易度を頭の片隅においていただくと、安易に1-2-3や1-3-2のような本線予想をすることもなくなると思いますし、不用意に5コース艇を外すことも少なくなると思います。

奇数コース艇は、入着しにくいですがその分はいると配当がでかいので、抑えや中穴狙いの番組などの時に活用してみてください。

【まとめ】

  1. 決まり手が多いのは、2~4号艇。それだけ多彩な展開に対応できるコース。
  2. 1コース艇にスタート感をつかめていなかったり、低勝率のレーサーが入ったときには要注意
  3. 3コース艇の3着までの入着は意外と難しい。安易な出目外は要注意
  4. 5コース艇は、レーサーやモーターの調子によっては1着まであるコース。
  5. 展示構想で4コース艇に行く気が見えたら要注意。レーサーによっては1着なる可能性も。
初級編
スポンサーリンク
スポンサーリンク
funabitoをフォローする
スポンサーリンク
競艇ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました