今更聞けない・・・ボートレース用語集 さ行編

スポンサーリンク
スポンサーリンク

用語集の第三弾!今回はさ行になります。

さ行にも先マイやセツイチなど、難解な用語があります。
覚えてしまえば、何てこと無いんですけどね。

私が初心者の頃、セツイチはレーサー名だと思って出走表を探した事があります。
ほんとにお馬鹿さんです。

皆さんは、そうならないように、この記事を是非ご活用ください。

スポンサーリンク

さ行

最内

1コースの事です。
類義語 イン

3連単/3連複

3連単は、1~3着艇を着順どおりに予想する舟券。既存の舟券の中で一番的中が難しい券種です。
3連複は、1~3着艇を着順関係なく予想する舟券。
例 着順1-2-3で決った場合 3連単1-2-3のみ的中(1-3-2や2-1-3などは的中では有りません。)  3連複1-2-3が的中

3連対率

レーサーの成績の一つで、3着までに入る確率の事。

さばき

ターン時に良く使う言葉で、先行艇が後続艇の仕掛けを防御する時や2艇で競っている場合に使う。
まくりを狙っている後続艇のコース上を先行する事で水面を荒らして減速させたり、内を狙って差しにきた場合に入れさせないようにブロックしたりする事など。

差し

決り手の一つ。先にターンした艇の内側を突抜けて追い越す戦法。先にターンした艇がモタついていたり、差しを決めにいったレーサーの実力とモーターに引き波を超えるパワーがあると決る。

先マイ(先舞)

他艇よりも先にターンマークをターンする事。ボートレースではターンを舞うと表現する事から出来た言葉。

サイド

艇の側部のことです。サイドをかけて回るというと、艇の側面の一部を水に沈める事で減速させてターンをするということです。

サマータイムレース

夏場の日照時間が長い期間に、通常のデイレースよりも第1レース及び最終レースを遅らせる開催のこと。通常のデイレース開催の第1レースは10時から11時の間に行われるのに対して、サマータイムは11時以降に第一レースを行い17時台が最終レースになるように組まれる事が多いです。

事故率

反則や選手責任の事故が発生した場合に、事故点が与えられる。この事故点の合計を出走回数で割った物を事故点といいます。事故点は、自動車免許の減点と似ていいると考えると分かり易いと思います。
事故点が0.70を越えるとどんなに良い成績を上げていても、最低ランクのB2へ降格となります。

主な反則や選手責任の事故と点数は・・・
1、フライング(F)と選手責任の出遅れ  20点(優勝戦は30点)
2、妨害失格が15点、転覆、落水、沈没、不完走、欠場など選手責任の失格 10点、
3、不良航法、待機行動違反 2点

進入

待機行動中に舳先をスタートラインに舳先を向けてコースを決めること。進入コースという事もある。

進入隊形

ボートレースのスタート時には、助走距離が短いスロースタートと助走距離の長いダッシュスタートの2つの方法があり、これからレースをする6艇がどのスタートを選んでいるかを表します。

『進入隊形は、内から124ダッシュ356』というと、スロースタート3艇、ダッシュスタート3艇のことです。
ボートレースの記事などで『123/456』と記載されているのはスラッシュよりも左側がスロースタート、右側がダッシュスタートの進入隊形を表しています。

進入固定

枠番(艇番)と同じコースに進入することが義務付けられているレースの事です。
コース取りを行わない事から1号艇が充分な助走距離をとる事が出来るので、イン有利と言われています。

自粛欠場

フランニングや出遅れを犯してしまうと、初回30日、2回目60日、3回目90日の斡旋停止となります。
この斡旋停止を自粛欠場という事が有ります。
欠場は、フランニングや出遅れを犯した時点で斡旋が確定している開催に全て出場した後に、規定期間の欠場をします。

自主訓練

開催に斡旋されていない期間に、自発的に集まって行う練習の事。練習量がレース結果に直結する事もあるので、各レーサーが所属支部のレース場を使い自主訓練を行う。地元レーサーが強いといわれる所以は、常に練習している慣れたレース場での開催となるため、他のレーサーよりもスタートの目印や風、波などの特徴を知っているからです。

準優勝戦

一部の4日間開催や特殊なルールでの開催以外で最終日前日に、得点上位者18名が3レースに分かれて優勝戦進出を掛けて争われるレースのこと。基本的には各レースの1.2着6名が優勝戦進出となる。

シリンダーケース

モーター部品の一つ。モーターの調整時に交換できる部品。ケースの中には、シリンダーとピストンが入っている。

所属支部

各レーサーが所属している支部名のこと。必ずどこかの支部に所属することになっています。

失格

スタートを切った後に起きたアクシデントや反則行為が原因で、退場させられる事。欠場と違い該当舟券の払い戻しは行われない。
失格の主な原因は・・・
1、周回方向 又は周回の誤認
2、タイムオーバー
3、危険な転舵
4、緊急避譲義務違反(転覆艇の内側を走る行為)
5、転覆、沈没、落水
6、その他

師弟関係

正式な制度ではありませんが、新人レーサーが各支部に配属された後、支部の先輩から色々と指導を受ける事になります。この時に一番関係性の高い指導者が新人レーサーから師匠と呼ばれる。
他の公営競技と比べると師弟関係は濃くない。
師匠と同じレースで走る場合でも弟子は手を抜かず、師匠が敗れる場面は珍しくありません。

指定席

レース場や場外舟券売場には、無料では入れる席とは別に有料の席のこと。ボックス席やシングル席のほかに、色々な席が用意されています。(各場に寄って異なります。)

JLC

日本レジャーチャンネルのこと。ボートレースの放送はこの会社がメインで行っています。

写真判定

接戦で肉眼だけでは着順の判定が難しい場合に、ゴール際の写真を使って判定する方法のことです。
ボートレースで行われる事は、稀です。

周回展示

展示航走の1部です。スタート展示の後に行われ、コースを2周します。
レーサーやモーターの状態を確認できるので、購入する舟券を検討するためには、有効な試走になります。

周年記念

開場を記念して各レース場ごとに毎年1回行われるG1開催のこと。

出走表

別名、番組表ともいう。1~12レースに誰がどの号艇に乗るかがレース毎に書いてあり、レーサーの個人成績や基本情報、モーターやボートの勝率などが書かれている。各レース場や場外舟券売り場の入り口に無料で配布されている。

勝率

各レースでの着順によって与えられた点数を合計して出走回数で割った数字のこと。
この数字が大きいと実力があると考える事が出来る。

シード戦

人気レーサーが1号艇に入り、2~6号艇に人気レーサーより実力が劣るレーサーが入る番組の事。

シード戦という番組はないが、実力上位者が1号艇に入る事で高い確率で勝てる番組の事をさす。

スター候補レーサー

スター選手育成制度に選ばれたレーサー。2種類あります。
1、トップルーキー(登録6年以内かつA2級以上)
2、フレッシュルーキー(登録5年以内)

スロースタート

助走距離の短いスタート方式のこと。
主に1~3号艇が他艇にコースを取られないように、早めにコースに進入することで助走距離が少なくなる事からついたスタート方法。

スリット

スタートタイミングを測定するために撮られた写真に入っている縦線のこと。スタート時に横一線になる事を表現するために、『スリット一線』と使うと事がある。この場合のスリットとは、スタートラインの事を指す。

スタートライン

センターポール中央と大時計の右端をむずんだラインの事。空中や水上に目視できるラインは引かれていない。

スタート展示

展示航走の1部。ピット離れからスタートを切るまでを本番同様のルールで行う。舟券を予想する上で重要な直前情報。ただし、スタート展示で進入コースが変わっても本番で変わるとは限らない。また、本番で進入コースが変わってもスタート展示同様になるとは限らないので、注意が必要です。

スタートタイミング

規定のスタート時間を0秒として測定されたスタートタイムのこと。小数点2位までで表示され、0.00はタッチスタート、0.0台はゼロ台スタートという。この数値がマイナスになっている場合はフライングとなる。

スタート事故

フライングや出遅れのようなスタート時に発生する違反行為のこと。

スロットルレバー

艇のアクセルのこと。このレバーは自転車のハンドルとブレーキの様な作りになっており、自転車の場合には停車する時にブレーキを握るが、モーターボートの場合は、加速する時に握る。

センターポール

コースの中央を表すポールで、スタートライン上に位置しています。このポールを正面にみて右側150mの位置に第1ターンマーク、左側150m第2ターンマークがあります。

センター

3.4コースの事。主に1~6コースを3分割する時に用いる。1.2はイン、3.4がセンター、5.6がアウトと言う。

全速ターン

今村豊選手が第一人者と言われる減速せずにターンする技術のこと。

前検日(前検)

開催初日の前日に検査を行う日のこと。健康診断、モーター抽選、試運転、スタート練習などが行われる。この日に発表される前検タイムは、初日の予想に欠かせない情報。

節一(セツイチ)

開催期間中で一番のし上がりになっているモーターのこと。

開催期間のこと。当節や節間などのように使用する。

施行者

ボートレースを主催している地方自治体のこと。

責任・責任外

ボートレースの事故はフライングや出遅れなどのようにレーサーに責任があるものや他艇の接触事故に巻き込まれたり、他艇に接触事故を起こされて転覆した場合のような、レーサーに責任が無いものの2種るある。前者はレーサー責任として事故点の付与対象になるが、後者は責任外といい事故点がつかない。

 

さ行は以上にになります。
他の行については下記の記事をご確認ください。

入門編
スポンサーリンク
スポンサーリンク
funabitoをフォローする
スポンサーリンク
競艇ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました