今日は開催何日目?日程が重要な2つの理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさん予想する上で開催日程を考慮していますか?これは本日が開催何日目に当たるかだけではなく、何日開催の何日目かが重要だったりします。

例えば6日開催の初日の場合、予選レースになりますよね。出場全レーサーに節館成績が付いていないので、全員に準優選出、優出の可能性があります。

しかし、6日開催の3日目ともなると、準優選出は絶望的なレーサーが何人か出てくると同時に、選出ライン際のレーサーが何人か出てきます。レーサーにすれば準優勝戦に出た場合とそうでない場合では、当節の獲得賞金が大きく変わりますので必死です。

この様に、レーサーの心理状況だけを見ても、開催日程によって変化があり、レース結果にも影響を与えます。

今回は、この開催日日程別に注意すべき点を解説していきます。

まずは基本から解説していきます。

スポンサーリンク

開催の基本情報

開催日数

1開催あたり3~7日間で行われます。3日間の開催は年初にあるファン感謝3Days「ボートレースバトルトーナメント」のみになります。また、7日間開催も少なく、多くは4~6日間での開催となります。

開催スケジュール

開催と聞くと専門用語のように聞こえますが、簡単に言うと大会の事です。各レース場で前記の日数をかけて大会が行われます。

大会ですので、優勝者を決めます。公営競技ですので、日程が進むに従ってレース数が減少して決勝戦の日は1レース。。。という訳にはいきません。

各日12レースを行いますが、多くの場合は予選日⇒準優戦日⇒優勝戦日の順番で開催されます。

  • 予選日 出場全レーサーで準優勝戦に進むレーサーを決める予選を行います。
  • 準優勝戦日 予選の勝率上位18名又は12名で準優勝戦を行う日になります。
  • 優勝戦日 準優勝戦で1.2着又は1.2.3着だったレーサーで優勝戦を行い、優勝者を決める日です。

これが一般的な開催スケジュールになります。3日間の開催では、準優勝戦を行わず最終日前日まで予選を行い勝率上位6名で最終日に優勝戦を行う場合や男女W戦の場合は、男性12名女性12名が性別別に準優勝戦を行う場合など、特徴のある開催にはあてはまらない場合も有ります。

レースグレード

ボートレースも、競馬のようなレースグレードが存在します。ただ、競馬と違うのは1レースで重賞を行うのではなく、1開催で行われる事です。

競馬でG1と言うと皐月賞や菊花賞、有馬記念などその日のメインレースとして1レースで争われますよね。でもボートレースでG1と言えば、6日間かけて前項のスケジュールで1日12レースを戦い優勝者を決めます。

また、G1の上位グレードであるSGやPG1が存在するのも競馬と違うところです。また、ノーグレードのレースは一般戦といっています。未勝利戦や○百万以下のような条件戦はありません。

レースグレードは

  • SG スーパーグレードの略称です。選び抜かれたトップレーサーのみに出場権が与えられます。
  • PG1 プレミアムグレード1の略称です。各年代のトップクラスが集結する様な特殊な開催です。
  • G1 各レース場の周年記念競争や各選手権大会などの権威のあるレースになります。
  • G2 モータボート大賞やオールレディースなどの権威のあるレースになります。
  • G3 企業杯やオールレディースなど賞金が一般戦よりも高いレースになります。
  • 一般戦 上記以外のレースになります。

G1以上のレースには基本的にA1ランクのレーサー以上が出場する事になります。(レディースは除く)

性別や年齢別の開催

ボートレースは、選手生命が長い競技になります。何しろ2019年6月現在で最高齢のレーサーは72歳です。サラリーマンであればとっくに引退している年齢です。この72歳のレーサーはまれに優勝戦に出場したりしますので、凄いの一言に尽きます。

とは言うものの、若い人たちとベテランが戦った場合、一部の例外を除き視力や反射神経の衰えでベテランが不利になる事が多くあります。また、腕力や反射神経の差は性別でも出ますので男性と女性でも同じ事が言えます。

この事から、ボートレースでは年齢や性別を分けて戦うレースを設けています。

  1. レディースシリーズ 出場全レーサーが女性になります。
  2. ヤングシリーズ   出場全レーサーが30歳未満(1部例外有り)
  3. マスターズリーグ  出場全レーサーが45歳以上

ボートレースは老若男女入り混じって優勝を目指して戦う面白さもありますが、年代別や性別別でのトップを決める戦いも別の面白みがあります。

特にヤングとレディースについては、実力差がはっきりとしていて的中しやすいレースが良く組まれています。

日程が重要な理由

ここまでで、開催の概要はご理解いただけたと思います。では、日程がなぜ重要なのかの説明に入ります。私が主戦場としている一般戦を例に話をしますので、G2グレード以上のレースには当てはまらない部分もあります。

理由1、レーサーの心理が日程によって大きく変わる。

初日と予選最終日では、レーサーの心理は大きく違います。

初日から順調に3連単に絡み、予選最終日には4位にいるレーサーは、2着以上を取って準優勝戦は一番有利な1号艇に乗りたいと思うでしょう。予選の足切りラインギリギリのレーサーは、準優勝線で6号艇でも良いので、滑り込みたいと思うでしょう。どちらが切迫しているかと言えば後者です。

これは初日もそう思っていたでしょうか。甚だ疑問です。レースグレードを一般戦で例えると、Aランクの調子が良いレーサーは、相当な低勝率モーターを引かない限り、予選突破よりも準優勝戦での1号艇を狙うでしょうし、Bランクレーサーは目の前の1レースに集中して結果を見てから目標を決めるでしょう。この場合は、どちらもまだ心理的に余裕がある状態です。

このように初日と予選最終日では、プレッシャーのかかり方が違います。

理由2、モーターの調子が日程によって変わる。

前節優勝戦に駒を進めたモーターや前節以前に整備力があるレーサーが使用したモーターなど、初日からセッティングが出来ているモーターを抽選で引き当てたレーサーは、初日から良い状態でレースに望めます。この状態のモーターを整備力の高い腕のあるレーサーが抽選で当てると無双状態になります。

しかし、こんな事は稀です。整備力の低いレーサーがノーマル勝率以下のモーターを当てた場合や前回使用者が自分とまったく違うレーススタイルのレーサーの場合、モーターのセッティングをやり直さなければなりません。

この様な場合は、部品交換やプロペラの調整などを自分好みに1発の調整で決める事は難しく、レースを走りながら微調整を繰り返す事になり、モーターの能力を100%引き出すセッティングが出来た頃には予選最終日になっている事も考えられます。

これが初日は、レーサーの腕よりも前検タイムとモーター勝率で買えと言われる所以です。

今日は開催何日目?日程が重要な2つの理由のまとめ

この記事に書いた以外にも色々と理由はありますが、非常に長文になりますし、予想屋の企業秘密の部分もありますので、この程度でご容赦ください。

開催日程の何日目かと言うのは、非常に重要なファクターであり、見方によってはレーサーの能力や調子以上にベースとして検討しなければならないファクターになります。

例えば、今節の成績によって次期のレーサーランクがAになるかBになるかのボーダーにいるレーサーがいる場合やSGの出場資格の足きりギリギリのA1ランクレーサーがいる場合で初日から大穴が開くレースが続出する事もあります。

以前、SGの選考で足切りギリギリの山口裕二選手が、桐生の一般戦に出場した時には見ている者に【諦めからは奇跡は生まれない!】と言う事を体現している様なレースをしていました。

初日から何しろ諦めない。1周1マークで先行出来なくても前の艇に喰らいついて隙を狙い攻め続けて上位着を連ね、優勝戦まで駒を進めました。優勝とはいきませんでしたが見事SGの出場安全圏に入りました。

このように、レーサーは置かれた状況によって集中力が違うのです。この例はSGの出場という比較的長いスパンの話ですが、1開催に置き換えると日程要因がレース結果に与える影響は大きい事をご理解いただけたと思います。

【まとめ】

  1. 日程はレーサー心理に大きく影響する。
  2. 初日は、まだ余裕がある。日程が進むと予選ボーダーを意識した走りに変わる。
  3. 初日はモーターの調整が仕上がっていないレーサーもいる。日程が進むと化けるレーサーがいる。
  4. 予選最終日には、集中力が違うレーサーを見つけると、穴狙いの精度が上がる事も。

コメント

タイトルとURLをコピーしました