ボートレース桐生の狙い目

スポンサーリンク
初級編
スポンサーリンク

『赤城の山も今宵限りか。。。』のセリフで有名な国定忠治を輩出した群馬県にあるレース場です。
日本で始めてナイター開催を行ったレース場で、2019年現在もナイター開催を行っています。

冬場は赤城おろしが吹くと追い風が吹き、更に標高が高い事からモーターのパワーや出足が鈍くなる特徴があります。
コースレイアウトも、1マーク出口が広く取られている事からセンターからのまくりが決りやすい傾向にあるインが弱めのレース場です。

他の基本情報も頭に入れていただくと、季節毎の戦術が見えてきます。

それでは、基本情報を説明していきます。

スポンサーリンク

基本情報

水質

淡水になります。淡水の特徴は、海水と比べて浮力がなく、水面が硬い事です。体重が重いレーサーや新人で淡水に慣れていないレーサーには走りにくい水質になります。

競走水面

プールになります。水面が海や川などのレース場で見られるや水位の変化や水流が発生しない静水面と言われています。ただし、冬場には赤城おろしが追い風として吹く事が多いため、インコースの勝率が低下する傾向にあります。

使用可能チルト

-0.5、0、0.5、1.0、1.5、2.0、3.0の7種類から選択が可能です。モーターの調整方法とレーサーの腕によっては、角度の高いチルトを選択することができるレース場になります。ただし、ほとんどの場合は-0.5、0のいずれかを用いるレーサーが多いです。

開催時間

ナイター開催のレース場になります。

企画レース

G3以下の開催では1.5レースに企画レースが組まれています。

1レース 4号艇にAランクレーサー

5レース 1号艇にAランクレーサー

5レース 1.5号艇にAランクレーサー

コース別入着率

1コース 1着率約52% 2連率約66% 3連率約75%

2コース 1着率約12% 2連率約40% 3連率約60%

3コース 1着率約12% 2連率約37% 3連率約60%

4コース 1着率約13% 2連率約30% 3連率約50%

5コース 1着率約7% 2連率約20% 3連率約40%

6コース 1着率約2% 2連率約7% 3連率約25%

*傾向をつかんで頂く事を優先して鋳ますので、大まかに記載していますが、大きく違ってはおりません。

出目データ

【3連単】

1位 123 約7%

2位 124 約5%

3位 132 約4%

4位 125 約3%

5位 134 約3%

コースレイアウト

1マーク入り口付近 47m

1マーク道中 70m

1マーク出口 84m

2マーク入り口付近 65m

2マーク道中 165m

2マーク出口付近 68m

ボートレース桐生の狙い目

ボートレース桐生は、イン勝率が全国平均とほぼ同じで強そうに見えますが、実際に勝負してみるとあまりインの強さを感じないレース場です。

冒頭で述べたように、1マークの入り口部分が47mと決して広くなく出口部分が84mと広くなっている事やバックストレッチ(電光掲示板側)でセンターに位置すると、真っ直ぐ走れば2マークに到達する事から、まくりを決めてからの逃げが打ちやすいレイアウトになっています。

更に冬場には赤城おろしが追い風として吹く事や標高の問題でモーターのパワーや出足が他のレース場より鈍い特徴もあります。

この事を総合すると冬場は、ダッシュ勢のスタートとスタート後の伸びが良ければ十分に上位着を狙えるレース場と言えます。夏場については、風も緩やかで水面も静かになりますので、インから狙って行く方がリスクが少ないといえるでしょう。

この事からボートレース桐生の狙い目は、

本線 7~9月 1着は1コース艇 2着を2~5コース艇の2艇 3着は流し
他の季節 1.2着は1コース艇と2~4コース艇の内1艇の折り返し 3着流し

穴狙い 7~9月 1.2着は2~4コース艇の内2艇の折り返し 3着は流し
その他の季節 1.2着は2~4コース艇の内2艇の折り返し 3着は1コース艇を外して流し

となります。

ボートレース桐生の狙い目のまとめ

ボートレース桐生は、レーサーの整備力やスタート力、レース力がモロに出るレース場でもあります。
強いレーサーが勝つ。地元レーサーが有利。この事を念頭において頂いてレースを絞っても面白いレース場です。
入るコースによっては、強いレーサーが1着でも2~30倍の配当を手に出来るかもしれません。

また、諸条件を凌駕して他を圧する乗り手を選ばないエースモーターも出現するレース場になりますので、モーター情報も要チェックです。

【まとめ】
1、インコースの勝率は全国平均とほぼ同じ。ただし、冬場は勝率が低下する。
2、スタートが悪いレーサーがインコース進入時には、センター勢のまくりに要注意。
3、コースレイアウト的には、まくりが効く。
4、乗り手を選ばないエースモーターが出現する事もあるので、モーター情報も要注意。
5、初日は地元レーサーが強い傾向があるので、要注意。

コメント

タイトルとURLをコピーしました