ボートレース常滑の狙い目

スポンサーリンク
初級編
スポンサーリンク

ボートレース常滑は、愛知県にある2場あるレース場の内の1つで、特徴はスタート感をつかむ事が難しい部類のレース場です。基本的にはインコースが強いレース場ですが、季節によってインコースの強さが変化する事から、妄信的なイン信仰は痛い目を見る事があります。

季節でインの勝率が変化する原因は風にあり、北西風が中途半端に吹いたときにダッシュ勢が仕掛けるとインにピンチが訪れます。コースレイアウト的に見てもスタートが肝心で、苦手なレーサーにはインも有利にはならないと思われます。

私も初めたばかりの頃には、風があろうが無かろうがイン妄信で買って何度か痛い目を見ているレース場です。そんなときには、常滑市のマスコット『とこにゃん』が悪魔に見えました。普段は可愛く見えるんですけどね。。。

では、基本情報から見ていきましょう。

スポンサーリンク

基本情報

水質

海水になります。浮力がある為、多少の体重差は消してくれる水質になります。

競走水面

海になります。水門を前検日の干潮で閉めてしまうため、潮の干満はあまり影響しない。

使用可能チルト

-0.5、0、0.5、1.0、1.5、2.0、3.0の7種類から選択が可能です。モーターの調整方法とレーサーの腕によっては、角度の高いチルトを選択することができるレース場になります。ただし、ほとんどの場合は-0.5、0のいずれかを用いるレーサーが多いです。

開催時間

デイレースでの開催になります。第1レースが11:04出走で最終は16:47出走

企画レース

無し

コース別入着率

1コース 1着率約56% 2連率約70% 3連率約80%

2コース 1着率約13% 2連率約40% 3連率約60%

3コース 1着率約11% 2連率約30% 3連率約50%

4コース 1着率約11% 2連率約30% 3連率約50%

5コース 1着率約7% 2連率約20% 3連率約40%

6コース 1着率約2% 2連率約8% 3連率約22%

出目データ

【3連単】

1位 123 約6%

2位 124 約5%

3位 132 約4%

4位 134 約4%

5位 125 約4%

コースレイアウト

1マーク入り口付近 40m

1マーク道中 114m

1マーク出口 128m

2マーク入り口付近 97m

2マーク道中 117m

2マーク出口付近 70m

ボートレース常滑の狙い目

ボートレース常滑は、季節によってインコースの1着率が変わります。春(3月~5月)は61%と一年で一番強く、冬(12月~2月)は53%と一番低い。通年で吹く西風(スタート時には向かい風)がスロースタート勢の足を鈍らせる事が原因と思われます。

レーサーの中にはボートレース常滑はスタートが合わせにくいと言う方もいるくらい、スタート感をつかむ事が難しいレース場です。

その理由は風です。冬場は北西からの風が吹きます。これがスタート時には向かい風になり、いいタイミングで加速しても風に押され遅れ気味になったり、風に負けずにダッシュした結果フランインしたりとインコース艇がアウトコース勢を意識したスタートが難しい季節になります。

ただ、安定板がつくほどになると水面が荒れ、まくりやまくり差しの仕掛けが難しくなるのでインが有利になります。

コースレイアウト的にみても1マーク入り口が決して広いわけではないので、センター勢にスタート感をつかんでいるレーサーが入るレースでインのレーサーがフライング持ちのBランクレーサーであれば、思い切ってインを2着予想にしてみるのも良いかもしれません。

出目データで見ると、1-2の目が1.2.5位を占めています。また、1-3の目が3.4位になっていますので、1号艇の逃げが決まった時には、2着予想は2.3号艇が本線になります。TOP5の確率を全て足すと約23%になるため、約4レース1レースはこの5点のうち1点が出現する事になります。

この事から、ボートレース常滑の狙い目は・・・

本線 1着はイン 2着は2.3コース艇 3着は流

穴狙い 1.2着は2.3コースの折り返し 3着は流

となります。

ボートレース常滑の狙い目のまとめ

ボートレース常滑は、風速に影響されやすいレース場ですので、レーサーのスタート感と波高を見ながら1マークの展開を検討する事をお勧めします。

特に地元のA1レーサーは風やレース場の水面特徴を熟知している方が多いので、開催初日で軸に困ったらとりあえず内側にいる地元レーサーを入れてみても良いかもしれません。インコースがスタート出遅れれば十分に勝機があります。

【まとめ】

  1. 基本的には、インコースが軸になるレース場。
  2. 冬は風の強さによってはスタート感をつかんだ2~4コースがインコースに先着する事も。
  3. 1マーク入り口が決して広くないので、インにスタート感が無いレーサーが入った場合は注意。
  4. インが遅れた場合は、2.3コースのいずれかが1着になる事が多い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました