ボートレース宮島の狙い目

スポンサーリンク
初級編
スポンサーリンク

ボートレース宮島で遊んでいると、【あれ?何でこの目がくるの?】と思われたことは有りませんか?淡水でプールのレース場をメインに遊んでいる方には、疑問がつくようなレース結果が飛び出るのが海にあるレース場です。

潮位や風によって有利になるコースが違ったり、淡水でプールの場合と比較するとアウトコース艇の仕掛け方が変わってくるので、不思議の目が出てきます。

慣れてくれば不思議ではなくなるんですが、癖がわからないと難しいので上級者向けのレース場になると思います。

それでは、解説していきます。

スポンサーリンク

基本情報

水質

海になります。浮力があるので、多少の体重差であれば打ち消すことができる特徴があります。水面の当たりも柔らかいので、淡水と比べると乗りやすいと感じるレーサーが多い水質になります。

競争水面

海になります。海上にコースを作っている関係で、潮の干満差がレースに影響を与えます。基本的は、満潮時はインコース有利、干潮時はアウトコース有利といわれています。

使用可能チルト

-0.5、0、0.5、1.0、1.5、2.0、3.0の7種類から選択が可能です。モーターの調整方法とレーサーの腕によっては、角度の高いチルトを選択することができるレース場になります。ただし、ほとんどの場合は-0.5、0のいずれかを用いるレーサーが多いです。

開催時間

開催ははデイレース開催になります。第1レースが10:45出走で最終は16:44出走となります。

企画レース

GⅢ以下の開催では、7レースが企画レースになります。

1レース 1号艇にAランクレーサー

5レース 1号艇にAランクレーサー 1~4号艇にもう1名Aランクレーサー

9レース 進入固定戦

コース別入着率

1コース 1着率約55% 2連率約70% 3連率約80%

2コース 1着率約12% 2連率約35% 3連率約55%

3コース 1着率約12% 2連率約35% 3連率約55%

4コース 1着率約11% 2連率約30% 3連率約50%

5コース 1着率約7% 2連率約20% 3連率約40%

6コース 1着率約2% 2連率約8% 3連率約20%

出目データ

【3連単】

1位 123 約7%

2位 132 約6%

3位 134 約5%

4位 124 約5%

5位 125 約3%

コースレイアウト

1マーク入り口付近 40m

1マーク道中 90m

1マーク出口 85m

2マーク入り口付近 72m

2マーク道中 110m

2マーク出口付近 70m

ボートレース宮島の狙い目

同じ海の競争水面を持ち中国地方の下関と比較すると、1コース艇の1着率は低めです。これは、コースレイアウトの1マーク入り口の狭さとも関係しています。わずか3mですが、全艇がほぼ同時に殺到する事を考えれば、かなり影響が大きい広さです。

潮位の関係で話をすると、満潮と干潮で水位に大きな差があり、待機位置からの大時計の見え方が違います。また、満潮時にはうねりがでやすく非常に荒れる水面になります。

更に厄介なのは潮流が発生することです。満潮時には追い潮(待機場所からスタートラインに向かって流れます。)となり、干潮時には向かい潮(スタートラインから待機場所へ向かって流れます。)になりますので、スタートの難しさは増します。

夕方になると太陽の位置と大時計の位置がかぶり逆光となるため、更にスタートの難しさが増します。

ボートレース全般に言える事ですが、スタートは非常に重要です。先じれば有利になりますが、遅れると致命的です。これが難しいと感じるレース場は、荒れる可能性が多分にあるということになります。

ボートレース宮島は、このスタートが難しいレース場になるため、この事がアウトコース艇が仕掛けにくい状況になり、インが強い結果になっています。

狙い目は軸を1コース艇に置くだけでは不足で、もう1軸の検討をするべきレース場です。

2~4コース艇の勝率が横並びなので、もう1軸がなかなか定まりにくいのですが、スタート感をつかんでるレーサーや地元所属でそれなりの腕があるレーサーがいる場合には、優先して検討しましょう。

2軸決まったら、1.2着はその艇番の折り返しで固めて、3着は流しでの購入が狙い目になります。

ボートレース宮島の狙い目のまとめ

ボートレース宮島は、何しろクセがあるレース場になります。ボートレース初心者さんが挑戦する場合には、前半レースは各レーサーのスタートと1マークでのターンをよく研究した後、後半レースから勝負をする事をお勧めします。

ただし、その場合でも、潮位と風には充分に気をつけてください。マークする艇が変わりますので。

逆に中級車以上の方には、前半の荒れそうなレースがおいしいかもしれません。初日では無理ですが、2日以降であれば、各レーサーの調子がある程度見えていますので、勝率低くても地元でスタートがあっていたり、モーターが出ているレーサーが、2~4号艇に入った場合、狙ってみても面白いかも知れません。

【まとめ】

  1. ボートレース宮島は、基本的にはインが強い。
  2. 潮位と潮流、風、太陽の位置でスタートが非常に難しいレース場である。
  3. 天候が悪い日や満潮時には1軸の予想は危険!必ず2軸での予想をすること!
  4. 3着は基本的に流しで対応すると、大きい配当が取れることも。。
  5. 地元レーサーは、必ず検討する!

コメント

タイトルとURLをコピーしました