ボートレース児島の狙い目

スポンサーリンク
初級編
スポンサーリンク

ボートレース児島は、海上コースであり予想する上で、検討すべきファクターが多いレース場になります。

海上コースは、気象条件や潮の干満にレース結果が左右されやすいので、潮位や風がどのようにレースに影響するか、注意するのはどのコース艇なのか等の基本情報を念頭に置いて、予想する事が的中への近道になります。

それでは、ボートレース児島の基本情報から見ていきましょう。

スポンサーリンク

基本情報

水質

海水になります。浮力がある為、多少の体重差は消してくれる水質になります。

競争水面

海になります。海上にコースを作っているレース場になります。干潮時と満潮時で水位の差が2m以上あることから、待機位置から大時計の見え方が違うため、潮位により有利なコースが違う。

満潮時には波が立ちやすく水面が安定しない事からまくりが決まりにくく、インコース有利となる。干潮時には、逆に波が立っても低いので水面が安定するため、思い切った高速戦が可能でアウトコース艇にも勝機が出てくる。

使用可能チルト

0.5、0、0.5、1.0、1.5、2.0、3.0の7種類が使用可能。このレース場でも、殆どが-0.5又は0で調整するレーサーが殆どです。

開催時間

デイレースでの開催になります。第1レースが10:27出走で最終は16:29出走となります。

企画レース

GⅢ以下のグレードレース時に、1.5.6.9レースに企画レースが組まれています。

1レース 朝とくガァ~コ戦 1号艇にAランクレーサー

5レース 日替艇食戦

6レース 昼とくクラリス戦 1.2.4号艇に当節の主力レーサー

9レース 進入固定戦

5レースの日替艇食戦は、Aランクレーサーが1号艇に入るA艇食戦やオール女子レーサーのレディース艇食など、日替わりで特徴のある企画レースが組まれる。的中しやすいと言うより面白いレース番組になっている。

コース別入着率

1コース 1着率約56% 2連率約70% 3連率約80%

2コース 1着率約15% 2連率約40% 3連率約60%

3コース 1着率約9% 2連率約30% 3連率約50%

4コース 1着率約12% 2連率約30% 3連率約55%

5コース 1着率約6% 2連率約20% 3連率約35%

6コース 1着率約2% 2連率約7% 3連率約20%

出目データ

【3連単】

1位 123 約7%

2位 124 約6%

3位 132 約4%

4位 134 約4%

5位 142 約4%

コースレイアウト

1マーク入り口付近 43m

1マーク道中 106m

1マーク出口 92m

2マーク入り口付近 96m

2マーク道中 101m

2マーク出口付近 65m

ボートレース児島の狙い目

ボートレース児島の特徴は、潮の干満でスタートの見え方が大きく違ってくるという事です。ボートレース宮島ほどではないですが、スタート感をつかんでいないレーサーや地元でない新人レーサーがいきなり勝てるレース場ではありません。

競走水面の項でも書きましたが、干潮時は艇が安定する事からまくりやまくり差しなどの思い切った戦術が決まりやすいので、予想の目から3.4.5コース艇は外せません。(レーサーの腕が著しく劣る場合は外してOKです。)

また、満潮時には水位が高くなり、潮の影響を受けやすくうねりも発生する場合がある事からアウトコース艇が仕掛けにくくインが強くなりますので、この場合は1コース艇を軸に2.3コース艇を2着において3着流しが本線となります。

この事からボートレース児島の狙い目は、干潮時は1-2.3.4-2.3.4の6点を本線にして場合によって1.2.4号艇のボックスが買いも面白いかもしれません。満潮時は、1着を1号艇と2~4号艇の内1艇の2軸にして、2着を1.2.3.4のいずれか2艇、3着は流しになります。

ボートレース児島の狙い目のまとめ

ボートレース児島は、海上コース独特の特徴があり、慣れていないと難しく感じるかもしれません。結果から逆算でレースを見ると淡水のレース場に慣れている方からすると不思議に思われるレースも少なくありません。

そこは、1軸予想ではなく2軸にして頂き、中穴~万舟も視野に入れた買い方がベターなレース場と思われます。

【まとめ】

  1. インは24場の中で平均程度の強さ。
  2. 満潮時はイン1軸での予想を、干潮時にはインともう1軸での予想を推奨。
  3. 4コース艇の1着率が高いので、干潮時には展示での動きをチェック!
  4. 3着予想は、2~5号艇でOK。6号艇は入るレーサーによって入れるかどうか決める。

コメント

タイトルとURLをコピーしました