【若松】競艇ニュ-ス 優勝戦振返 12月25日

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク

本日はボートレース若松でギラヴァンツ北九州杯の7日目が行われました。

7日目の成績は、万舟2本の3ケタ配当3本となりました。
センター勢が入って決まった4レ-スで2万舟、1号艇の石橋選手が人気を集めて2着に散った6Rで万舟が飛び出しました。

4レ-スは別にして、6レースは昨日の準優勝電でもよい走りを見せていた石橋選手が負けているのが要因です。

それでは本日行われた優勝戦を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク

優勝戦の振り返り

本日行われた優勝戦の番組と展開予想、予想目は下記の通りです。

12レース

1森定晃史 6.71 6.28 22.22
2渡邊哲也 3.95 3.95 0.00
3星 栄爾 6.23 6.16 45.45
4久田敏之 6.83 7.00 0.00
5渡邉和将 7.05 6.77 22.22
6山田雄太 6.48 7.38 0.00

【レース展開】
森定選手のイン逃げか久田選手の仕掛けからのまくり・まくり差しがくると思われる。
1、森定選手のイン逃げが決まり、差していった渡邉(哲)選手と久田選手がバックで残して2.3番手争い。
2、森定選手がイン逃げが決まり、差した渡邉(哲)選手とまくった星選手が残してバックを迎える。バックでは内から伸ばしてきた久田選手と山田選手が競りかけて2マークで久田選手、渡邉(哲)選手が抜け出す。
3、久田選手のスタートがトップタイミングで飛び出し、コースを寄せてつつまくり差してトップ。
残した森定選手と久田選手に着いていった外枠2名がバックで競り合い。

本線 14-14-235
高配 14-14-6 1-23-234 的中
穴  4-5-126 3-14-14

展開はいずれも外れてしまいました。申し訳ありません。

正しくは・・・
スタ-トを飛び出した久田選手が寄せ様としますが、3号艇星選手が少々抵抗。
その分、まくり差しの目が消えて、1号艇森定選手と1マークで競り合いになる。

空いた内側に星選手と渡邊(和)選手が差し入るも、まくり差してきた山田選手と接触して3艇とも減速。その隙を突いて1マークを6番手で回った渡邊(哲)選手が差しぬけて2番手。

森定選手は、久田選手とやり合うもトップで1マークをトップで通過してそのまま逃げて1着。1マ-ク差しぬけた渡邊(哲)選手が2番手から着を守って2着。やり合いで負けた久田選手でしたが、道中戦で渡邊(和)選手と星選手を捌いて3着。

でした。

予想目は、1-2-4で1,660円の的中でした。

星選手がカベっぽい走りをした事と1マ-クで山田選手が接触して3艇減速した事が森定選手を随分助けた展開になりましたが、森定選手の優勝で幕を閉じました。

まとめ

優勝戦予想は外れてしまいました。
久田選手か渡邊(和)選手としていたのですが、両名が優勝戦で3番手争いをしているシ-ンを見た時には、少々複雑な心境でした。

今節は、3日目の6レ-スが全てでした。
このレ-スで成績上位にいた、中村選手と古川選手がFを切り、賞典除外となってしまいました。この2名が入っていれば準優進出戦から展開が随分変わった物になっていたと思います。

森定選手は2日目から足が上向き、上位着を量産しての優勝でした。3日目以降はオ-ル連対としており、優勝戦を含めて5連勝で優勝となりました。

又、優勝戦では展開を突いて2着とした渡邊(哲)選手が使用した30号機は今後も注目です。足が良く、まくり系の得意なレ-サ-が使用すると上位着を連発するかもしれません。

色々あった1節でしたが、森定選手の優勝で幕を閉じました。
明日からはボートレ-ス徳山の第8回クイーンズクライマックス/G3QCシリーズを追いかけます。

では、明日も皆さんのボートレースライブが良い一日でありますように。

【注意】

本記事の内容によって生じた損害及び損失については、一切補償いたしません。
舟券の購入は、自己責任でお願いします。

 

 

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
funabitoをフォローする
スポンサーリンク
競艇ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました