【芦屋・唐津モーニング版】競艇ニュース 無料予想あり 10月17日

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日はボートレース鳴門では最終日 ボートレース唐津では初日の開催が行われました。

ボートレース鳴門では優勝戦が行われ、6号艇馬場選手が抜きで勝利して優勝しました。
4コースに前付けすると1Mで2番手につけると2Mで先行した1号艇立間選手がターンを流れたところを見逃さず差して並びかけると2周1Mで内抜きして勝利しています。

ボートレース唐津では初日の競走が行われ連勝発進のレーサーはいませんでした。三井所選手と松田選手、船岡選手、長尾選手がオール連対として予選上位に入っています。

本日でボートレース鳴門の開催が終了しましたので、明日からはボートレース芦屋の開催を追いかけます。

では、本日も予想結果からお伝えします。

スポンサーリンク

10月16日の予想結果

無料予想

唐津1R

【展開】
イン逃げの1手。
2号艇津留選手のスタートが焦点。
壁になるようなら1-2のラインですんなりの展開も

本線 1-24-2345
穴  1-24-6 4-1-26

132 1790円 ハズレ

鳴門2R

【展開】
イン逃げ 3コースまくりの2手。
3号艇池田選手のスタートが焦点。
飛び出すようならそのまままくり一閃も

本線 135のボックス 的中
抑え 1-24-3 1-5-24

153 4590円 的中

唐津3R

【展開】
イン逃げ 3コースまくり差しの2手。
2号艇山田選手のスタートが焦点。
遅れるようなら3号艇松崎選手にワンチャン。

本線 13-13-245
穴  3-45-145

153 1700円 ハズレ

有料予想(無料開放中)

唐津5R 10:52

本線 235のボックス
抑え 1-5-23 1-23-5 的中

132 1580円 的中

唐津8R 12:20

本線 4-135-135
穴  4-15-26

341 8330円 ハズレ

唐津12R 14:45

本線 1-23-2345
抑え 1-5-23
穴  23-1-5

142 1960円 ハズレ

鳴門6R 11:17

本線 245のボックス
抑え 24-1-245

125 3260円 ハズレ

鳴門8R 12:19

本線 124のボックス
抑え 1-3-24 1-24-3

253 58960円 ハズレ

鳴門12R 14:43

本線 12-12-3456
穴  2-3-16

614 22840円 ハズレ

【唐津】今節のピックアップレーサー

2連対率高め予想のレーサー

  1. 三井所選手
  2. 長尾選手 
  3. 新田選手

3連対高め予想のレーサー

  1. 松田選手 
  2. 船岡選手
  3. 長尾選手
  4. 塩田選手 
  5. 森永選手
  6. 真庭選手
  7. 村上選手
  8. 森野選手 

本日の競走で目立っていたのは、新田選手。

1回走りで2号艇2コースで登場。1周1Mをまくって2着としています。
スタートしてから1周1Mまでに下がるような感じがありましたが、ターン時には1号艇をまくって抜いています。不利な状況からまくり切っているので、調整自体は悪くないと思われます。
実力のあるレーサーがですので、明日も注目です。

【芦屋】今節の展望

今節のイチオシレーサーは、岩瀬選手。実力的にも実績的にも他に上位のレーサーはいますが、前検タイムが出ている事と攻めることが出来るので、ハマるようなら大活躍となる可能性があるかもしれません。

他には、実力的には、濱野谷選手や中田選手、池永選手、石渡選手、大峯選手、ハマると強いのは、本多選手や大谷選手、待鳥選手、岩崎選手、表選手、村越選手、水摩選手、中辻選手が初日注目です。

今節のピックアップレーサーは初日終了後にお伝えします。

無料予想

芦屋1R

【展開】
イン逃げの1手。
3号艇清水選手のスタートが焦点。
飛び出すようなら13やり合いも

本線 1-23-2345
穴  1-45-23

唐津2R

【展開】
イン逃げ 2コース差しの2手。
3号艇吉本選手のスタートが焦点。
飛び出すようなら2号艇松崎選手に絶好の差し場。

本線 12-12-3456
抑え 1-4-25

芦屋3R

【展開】
イン逃げ 3コースまくり差しの2手。
2号艇大井選手のスタートが焦点。
遅れるようなら3号て池永選手のまくり差しが炸裂か。

本線 13-13-2456
抑え 1-25-3

有料予想(無料開放中)

2レース場の合計18レース(各レース場前半3レースを除く)から6レース分を3連単10点で予想。
予想目のみの記載になっています。ご注意ください。

ボートレース唐津 3レース
ボートレース芦屋 3レース

【注意】

本記事の内容によって生じた損害及び損失については、一切補償いたしません。
舟券の購入は、自己責任でお願いします。

まとめ

鳴門は馬場選手が優勝で幕を閉じました。
予選や準優では、勝負所を抑えて大崩れを防ぎつつ、上位を狙う競走内容でした。
機力的にも悪くないですが良くもなくといった中途半端な感じで、とても優勝するとは思ってもいませんでした。

ワンミスを突いて抜く、展開を読んで持てる力で勝負をする。この2点で優勝した印象でした。

トップレーサーは何をするかわからない、とりあえず抑える。

そんな教訓を得た一節でした。

では、明日も皆様のボートレ-スライフが良い一日でありますように。

【注意】

本記事の内容によって生じた損害及び損失については、一切補償いたしません。
舟券の購入は、自己責任でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました