【常滑】第30回中日スポーツ銀杯争奪戦初日の展望

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク

明日からボートレース常滑で第30回中日スポーツ銀杯争奪戦が4日間の日程で開催されます。
本日は展望をお伝えしたいと思います。

ボートレース常滑のレース場データはこちらから

スポンサーリンク

出走レーサー

A1

  1. 赤岩選手
  2. 倉谷選手
  3. 仲谷選手
  4. 吉川(喜)選手
  5. 高橋(正)選手
  6. 繫野谷選手
  7. 平高選手

A2

  1. 山本(浩)選手
  2. 加瀬選手
  3. 金子(貴)選手
  4. 宮下選手
  5. 松村(康)選手
  6. 春園選手
  7. 大場選手
  8. 前田(篤)選手
  9. 南選手
  10. 照屋選手
  11. 齊藤(優)選手
  12. 小林選手
  13. 島田選手

B1

  1. 渡選手
  2. 田中(堅)選手
  3. 原選手
  4. 中村選手
  5. 一色選手
  6. 小芦選手
  7. 吉村(茂)選手
  8. 米田選手
  9. 村田(友)選手
  10. 伏見選手
  11. 森下選手
  12. 大内選手
  13. 夏山選手
  14. 野中選手
  15. 齊藤(篤)選手
  16. 大内選手
  17. 渡辺選手
  18. 佐藤(旭)選手
  19. 中川選手
  20. 米田選手
  21. 伊達選手
  22. 入澤選手

B2

  1. 竹野選手
  2. 大橋選手
  3. 田中(博)選手
  4. 来田選手

モーター抽選及び前検状況

モーター抽選

連対率40%以上のモーターを引き当てたのは10選手(赤字はAランクレーサー)

  1. 高橋(正)選手
  2. 原選手
  3. 齊藤(優)選手
  4. 竹野選手
  5. 島田選手
  6. 夏山選手
  7. 山本(浩)選手
  8. 一色選手
  9. 平高選手
  10. 森下選手

前検タイムトップ5

前検タイムトップ5は全員A2ランクレーサー

  1. 齊藤(優)選手
  2. 小林選手
  3. 前田選手
  4. 宮下選手
  5. 照屋選手

初日の展望

ネームバリューなら地元の赤岩選手や実績充分の倉谷選手、若手の実力者である仲谷選手となりますが、今回は高橋選手が連対率トップのモーターを引き当てており、齊藤(優)選手も前検タイムトップと好調の様子。

そつのない競走をする吉川(喜)選手や安定感のある加瀬選手、スタート一撃の春園選手など多彩なメンバーが揃っている。

4日間の開催なので、モーターの好不調や進入コースが予選突破に大きく影響する事を考えると、初日に1号艇、3号艇となる高橋(正)選手や4号艇、1号艇となる赤岩選手が注目となる。

また、1走目が6号艇となる倉谷選手はモーターの連対率が20%台とイマイチで前検タイムも中間位の状態。初日にあわせて調整してくるとは思うが、前づけしないと厳しい状況と思われる。
同じ様に仲谷選手も、6号艇、4号艇と枠的には厳しい状況で、初走は1号艇島田選手 3号艇宮下選手とAランクレーサーが絶好枠を固めている。

前検トップの齊藤(優)選手は、1号艇、6号艇と両極端な初日になる。特に2走目には赤岩選手が4号艇に乗っているので、初走を如何に逃げ切り得点を稼ぐかが鍵と思われる。

前検タイム上位の照屋選手は1号艇の一回走りとなるが、4号艇に赤岩選手がおり、仕掛けを捌いていかに逃げるかがポイントになるだろう。

推奨レース

明日の推奨レースは、4レースと8レース。

まずは4レースですが、高橋(正)選手の1走目となり、3号艇に山本(浩)選手、4号艇に渡辺選手、5号艇に松村選手と軸になるレーサーがしっかりしており、2着3着に入るレーサーもしぼれる。
展示航走の結果次第ではありますが、1-345-345の6点と132、123を抑えればよいと思われます。

続いて8レースですが、オール女子戦になります。
Bランクにいますが実績は充分な渡辺選手が1号艇に乗艇し、4号艇に平高選手、5号艇に中川選手。
残りの3艇はB2ランクのレーサーとなるので、見やすいレース展開になると思われます。

ここでの問題は、渡辺選手が平高選手を捌いて逃げ切れるかどうか、5号艇の中川選手が平高選手の仕掛けについていけるかどうかの2点になると思います。
女子戦は実力どおりの結果になる事が多いのですが、4号艇の平高選手の仕掛けが決ると引き波に飲まれて1号艇の渡辺選手が沈み、波乱の展開となる可能性があります。

展示航走の結果次第ではありますが、1.4-1.4-2.5の4点と1-2.3-4の2点 合計6点が本線。
穴狙いなら4-5-1.2.3も面白いと思われます。

第30回中日スポーツ銀杯争奪戦初日の展望のまとめ

今節は短期決戦となりますので、実力上位者が断然有利になります。
特にA2レーサーが多数参戦していますので、番組にもよりますが2.3着の予想がし易い開催になると思います。

軸についても赤岩選手や高橋選手、倉谷選手、仲谷選手などの艇界上位ランクのレーサーが参戦していますので、見やすいレースが多く組まれる可能性があります。

記事中には触れませんでしたが、一撃のある野中選手やハマると怖い渡選手、内側に入れば入着が充分に狙える伊達選手などBランクレーサーの中にも、曲者が揃っています。

初日の競走で、各レーサーの調子を見て2日目勝負も良いと思います。

では、良い競艇ライフをお過ごし下さい。

【注意】
本記事の内容によって生じた損害及び損失については、一切補償いたしません。
舟券の購入は、事故責任でお願いします。

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
funabitoをフォローする
スポンサーリンク
競艇ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました