【常滑】競艇ニュース 第30回中日スポーツ銀杯争奪戦最終日の展望

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク

本日は第30回中日スポーツ銀杯争奪戦の準優勝戦日でした。
昨日の展望で、ピックアップしていた友出メンバーの結果はと言うと。。。
順当予想に近い形にはなりましたが、2着艇が外れてしまいました。

それでは、推奨レースの予想結果からお伝えしていきます。

スポンサーリンク

推奨レースの予想結果

5レース
本線 1-2.3.4-2.3.4.5の9点
穴狙い 2.3-1.2.3.4-4の6点

春園選手の逃げが堅いと思っていましたが、吉川選手が上手く1周1マークで内をさして1着、残した春園選手が2着。道中競り勝った中川選手が3着でした。

12レース
本線 1-2.3.4-2.3.4の6点
穴狙い 2.4-2.4-1.3 4-1-2 4-1-3の6点

すんなり仲谷選手が逃げると思っていましたが、高橋選手が1周1マークでまくってバックストレッチで競っていました。内側につけていた仲谷選手が2マークで先行して逃げ切って1着。その後2周2マークで赤岩選手が一瞬のすきを突いて2着に浮上、そのままゴールで的中となりました。

3日目の展望についての振り返り

昨日の準優勝戦進出予想を下記の通りお伝えしておりました。

順当な場合は

  1. 南選手
  2. 平高選手
  3. 仲谷選手
  4. 春園選手
  5. 吉川選手
  6. 山本選手

荒れた場合には

  1. 吉川選手
  2. 前田選手
  3. 平高選手
  4. 山本選手
  5. 仲谷選手
  6. 高橋選手

赤字が優出選手です。

それぞれのレースを振り返ってみます。

10レース

  1. 南選手
  2. 吉川選手
  3. 前田選手
  4. 島田選手
  5. 渡辺選手
  6. 金子選手

進入は枠なり123/456

1周1マークで南選手が上手く逃げ切って、差しに行った吉川選手が2着、3着は前田選手と金子選手が競っていましたが、前田選手が前に出て3着。

11レース

  1. 平高選手
  2. 山本選手
  3. 繁野谷選手
  4. 大場選手
  5. 田中選手
  6. 倉谷選手

進入は1236/45

倉谷選手が前づけで4コースに進入となり、1コース進入の平高選手がかなり深い位置彼のスタートとなりました。

平高選手が起こしのタイミングを間違えたのか起こした後、戻して再度起こす状況になっていましたが、スタートタイミングはバッチリ。その後の艇の伸びも抜群で、深いスタートをモロともせずに、2.3号艇を捌いて逃げ体制を確保してそのまま1着。

繁野谷選手は、1周1マークで2着につけるも2マークで倉谷選手からのアタックを受けて3着に後退、
2周目のホームストレッチで2着大場選手がインから迫る3着山本選手をガードしに行って競り合いになり2周1マークでもつれる隙をついて、繁野谷選手が差して2着をキープそのまま逃げて2着。

2周1マークでもつれるも残した大場選手が3着に入りそのまま3着。

順当でも荒れてもの残すと思っていた山本選手は、1周1マークで流れてしまい5着でフィニッシュとなりました。

12レース

  1. 仲谷選手
  2. 春園選手
  3. 高橋選手
  4. 赤岩選手
  5. 宮下選手
  6. 小芦選手

推奨レースの結果欄参照ください。

この3レースで特筆すべきは3点。

  1. 吉川選手の回り足
  2. 平高選手の出足と伸び足
  3. 赤岩選手のレース足

1、吉川選手の回り足
1走目の5レースでも4コースからきっちりターンで差している事と、準優勝戦でも2コースからきっちり回って2着。安定したターンから着を確定させているので優勝戦も要注意です。

2、平高選手の出足と伸び足
準優勝戦では100m付近からの再起こしとなりながらスタートタイミングはバッチリ。
さらに1周1マークまでの150mでもきっちり伸びて着を確保した後も伸び足が抜群でした。

3、赤岩選手のレース足
どこか窮屈で乗りにくそうだった2日目途中までとは違い、きっちり乗りこなして思い通りのハンドル運びで2着に入っています。

この3名は明日も要注意かもしれません。

最終日の展望

準優勝戦で敗れた高橋選手や春園選手、山本選手、前田選手、大場選手、小芦選手が注目です。
それぞれの出走予定は下記の通り。

  1. 高橋選手 7R4号艇 11R1号艇
  2. 春園選手 7R6号艇 11R4号艇
  3. 山本選手 5R1号艇 10R3号艇
  4. 前田選手 5R4号艇 10R1号艇
  5. 大場選手 4R5号艇 10R2号艇
  6. 小芦選手 3R5号艇 9R2号艇

5Rと11Rは展示航走次第ですが、勝負しやすい番組に見受けられます。

そして最終レースの優勝戦は下記の通り

  1. 仲谷選手
  2. 平高選手
  3. 南選手
  4. 吉川選手
  5. 繁野谷選手
  6. 赤岩選手

機力・実力ともに懇切上位クラスの2名が1.2号艇に入っている事から他のレーサーは何か仕掛けないと優勝には手が届かない雰囲気です。

この状況で仕掛けられるのは、枠なりなら3号艇の南選手、前づけ出来るなら6号艇の赤岩選手の2名。

1号艇の仲谷選手は準優勝電で高橋選手にまくられてヒヤッとさせられる場面があっただけに、3号艇の南選手がまくりに行けるようなら1.3やりあいの可能性が見えます。

また、進入で赤岩選手が動いた場合、3か4コースを狙ってくると思うので、いずれにしても順当な目にはならないように感じます。準優勝戦を見ても機力をカバーできる実力があるので、1着は難しくても3着までには入れてくる可能性が出てきます。

推奨レース

5レースと9レース、12レースです。

5レースの番組は下記の通り

  1. 山本選手
  2. 照屋選手
  3. 夏山選手
  4. 前田選手
  5. 沓名選手
  6. 米田選手

順当にいけば1-24-24でしょう。
但し、前田選手の一撃の可能性があります。

本線 1-24-246 6点
高配狙い 4-12-126 2-14-126 4点
※夏山選手の展示タイムがよければ6号艇との入れ替えを考えてもよいと思います。

9レース

  1. 中川選手
  2. 小芦選手
  3. 大橋選手
  4. 来田選手
  5. 竹野選手
  6. 田中選手

順当にいけば1-2-345でしょう。
但し、小芦選手の懇切の機力は侮れません。

本線 1-2-345
後輩狙い 2-1-345
穴狙い 23-23-145

12レース

  1. 仲谷選手
  2. 平高選手
  3. 南選手
  4. 吉川選手
  5. 繁野谷選手
  6. 赤岩選手

順当にいけば1-234-234の6点でしょう。
但し、『平高選手の差し』と『南選手、赤岩選手の仕掛け』が要注意です。

本線 1-234-234
高配狙い 2-1-3456 2-4-1356
穴狙い 23-23-1456

※上記3レースとも前日予想になりますので、点数を広く取っています。
天候や展示情報を参考に点数を絞る事をお勧めします。

まとめ

3日目は風が強く5R以降は安定版を使用してのレースとなりました。
この事が影響してなのか、5R以降の8レース中5レースはイン逃げが決まっています。

明日の天気は晴れ、風も本日よりは落ち着く様ですので、安定版の使用までにはならないでしょう。
イン逃げ盲信ではなく、実力があっても展開が向かずに着を残せていないレーサーに注目して2軸で予想してみても面白いかもしれません。

明日も皆さんのボートレースライフがよいものになりますように。

【注意】
本記事の内容によって生じた損害及び損失については、一切補償いたしません。
舟券の購入は、事故責任でお願いします。

 

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
funabitoをフォローする
スポンサーリンク
競艇ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました